前のページへ戻る

働く主婦の味方!マダム慶子のお悩み相談室

年齢を重ねるごとに増えていく女の悩みや葛藤…。あなたの笑顔のためにマダム慶子が相談室をオープン!

「気配り」ってなんですか?

ホテヘルで働き始めたのですが、お店のスタッフに指名をもらうコツを聞くと「気配り」と言われます。性格が受け身のためか、いまいちよくわかりません。「気配り」って具体的にはどんなことを指すんですか?

宮城県・Nさん

喜んでもらえることを考えて

お店は「気配りできる女のコ」に働いてもらいたいものなんだけど、ただ漠然とそう言われても、なかなか理解できないものよね。

私もそうだったわ。自分のことなんて自分でやればいいじゃない? どうして女だからって「気配り」なんてしなくちゃいけないのかしら…なんて。普段の私は男性から見たらとてもかわいげのない女なのよね。

考え方が変わったのは、一緒に働いていた女のコの影響。その女のコの口癖は「ほかの女のコと同じじゃ駄目」だったわ。昔に比べたら、ステレオタイプの「女らしい」女性が減ったと思うの。少しだけ女性の立場が強くなって、男性のために何かをしてあげる機会が減ったわね。

そこに彼女は目をつけたの。彼女はホテルの部屋に入ったら、自分の靴を揃えるついでに、お客様の靴をそろえることから始めたそうよ。脱いだスーツはしわにならないように、すぐにハンガーをかけてあげたし、一緒にシャワーを浴びたら体を拭いてあげて…。

普段の生活で身の回りの女性から見ることのない「気配り」をされたら、男性は気になっちゃうものかもしれないわね。

風俗業界でいう「気配り」ってなにを指すかというのは、簡単には答えられないけれど、「お客様に喜んでもらえることを考えられるか」っていうことが大きいように思うわ。

彼女に出会って喜んでもらえることを考え始めたら、お仕事が楽しくなったのよ。

待ち合わせでお客様を見つけたら笑顔をつくって急ぎ足で駆け寄ったり、冬場はプレイ後も温かいシャワールームに入ってほしいから、プレイ中もシャワーを流しっぱなしにして温めておいたり。

お客様に「私に会えてよかった」と思ってもらえるように。

「気配り」という言葉に具体性がないのは、お客様すべてが喜ぶかというと、必ずしもそうであると言い切れないから。それはひとりひとりのお客様と向き合って、自分で探っていくものなのよ。

ほかにも「それって当たり前じゃない?」ってことも大切よ。例えば、お金をいただく時は両手を添えて受け取るとか。お仕事中は私用の携帯電話を見ないとか…。

お客様からは「お金」をいただいていて、あなたと一緒の「時間」を過ごすと決めてきてくださっているの。そのことに感謝の気持ちを持って接することができれば、自然と何をしなくてはいけないかが、見えてくるんじゃないかしら。

お仕事している上で、またわからないことがあったら、聞きにきてちょうだいね!

コメントはこちらからどうぞ!

著者紹介
マダム慶子のお悩み相談室:著者画像

マダム慶子
(マダムケイコ)

18歳から約20年にわたって風俗業界で働き、現在輸入雑貨店を経営。現役時代から業界で働く女のコの悩みに耳を傾け、引退後もメー ルなどで相談を受け付けている。3人の子どもを育て、昨年、末子が成人したのを機にhello30で相談室を引き受ける。

おすすめのサイト

  • 高収入アルバイトモモコちゃんねる
  • ▲10代からのカワイイ高収入求人サイト