働く主婦の味方!マダム慶子のお悩み相談室

年齢を重ねるごとに増えていく女の悩みや葛藤…。あなたの笑顔のためにマダム慶子が相談室をオープン!

お客様の気持ちが重くて…

デリヘルで働き始めて3ヶ月ほどになります。最近、いつも指名してくださるお客様がストーカーになりそうで怖いです。お手紙や高価なプレゼントを毎回いただくのですが、その気持ちが重いです…。どうしたらいいですか?

福岡県・Jさん

度を超すようならNG客に

そうね…NG客にしましょう!で、終わらせるわけにはいかないので、男心の操縦方法からこの問題を考えてみましょうか。

風俗は性的サービスと「疑似恋愛」を楽しむところでもあるけれど、人の心は簡単に割り切れるものではないのよね。

自分好みのルックスで、会話も楽しくて、本番行為はないとはいえ性的な接触をすると、勘違いしてしまう男性がたまにいるわ。女のコからしたらすべてサービス上の行為で、そんな感情は迷惑な話でしかないんだけど…。

「誤解しないで!」と強く言いたいところだけど、そんなのは興ざめ。お客様は女のコに対して夢を見ているのよ。ある意味、アイドルや女優のような気持ちでいなくちゃいけないのかもしれないわ。

最近はいてもいなくても「彼氏がいる」と言ってしまう女のコもいるようだけど、自衛の手段とはいえ色気がないのでオススメはしないわ。

男性は「頼られたい」と思っている生き物。女のコに「どうして風俗で働いてるの?」なんて聞いてくるお客様は多いと思うけど、女のコから身の上話や悩みを聞くと「(人に話せないようなことを聞かせてくれるということは)自分は特別な存在なんだろうか?」と考える男性は多いそうよ。

そのうち「自分が特別?」から「特別な女のコ」に変わっていくのね。おもしろいわよね、男の人って。ここまでなら、いつも指名をしてくれる、ありがたい常連さんということになるんだろうけど…ここからよね、問題は。

お客様に自分のことを話す時は、必要以上に自分の情報を話さないようにしましょう。特に住んでいる場所は具体的に言わないこと。例えば自宅の最寄り駅を教えたら、待ち伏せしてくる人が出てくるかもしれないことを忘れないで。

でも、まったくの作り話ではリアリティのなさで、嘘だとバレてしまうかも。せっかくのお客様に逃げられてしまってはいけないわ。

私がよく使っていた手は、引っ越してしまった街をいま住んでる街として話すこと。それなら駅前の風景や路線の様子などを具体的に話せるでしょ? 万が一その街をよく知っているお客様に出会って、当時と多少変わっていることを指摘されても「家とお店の往復だから、知らなかった〜」で通しちゃうの。

お客様との距離は上手に取れるようになってほしいわ。ストーカーになる人って、一部をのぞいて好き好んでそうなってるわけじゃないそうよ。相手に思いを伝えたいのに伝えられないから、待ち伏せしたりつきまとったりという手段に出てしまうとか…。

大切なお客様をストーカーにしないために、女のコも工夫しながらお仕事ができるようになるといいと思うの。だからJさんのそのお客様が、お仕事上のサービスだけで満足しているうちは、あなたも夢を見せる努力をしてあげてほしいわ。

身に余る高価なプレゼントは「プレゼントを買う分でもっと会いに来てほしいな」と、プレゼントに使うお金を別の使い方に誘導したり、素直に「こんなに高価なものは申し訳なくていただけない」と言ってみたりしてもいいと思うわ。

でも、お客様がふたりのラインを超えようとしたなら、その時はお店に伝えてNG客にしてもらいましょう。くれぐれも無理はしないでね。

コメントはこちらからどうぞ!

著者紹介
マダム慶子のお悩み相談室:著者画像

マダム慶子
(マダムケイコ)

18歳から約20年にわたって風俗業界で働き、現在輸入雑貨店を経営。現役時代から業界で働く女のコの悩みに耳を傾け、引退後もメー ルなどで相談を受け付けている。3人の子どもを育て、昨年、末子が成人したのを機にhello30で相談室を引き受ける。

おすすめのサイト

  • 高収入アルバイトモモコちゃんねる
  • ▲10代からのカワイイ高収入求人サイト