前のページへ戻る

お仕事体験談

高収入のお仕事ってどんなことをするの?どんな人が働いているの?この歳で本当に働けるの…?
「どこにでもいる普通のOL、主婦でした…」そんな、風俗で働く30代・40代の女性の体験談。

その17 – ホストに恋して風俗に

いつのまにか、お局様と陰で言われるようになりました。勤続16年のOLです。家と会社の往復で刺激のない毎日。家では上下スウエットで、ダラダラ過ごしています。

「女らしさ」がないなあ…と思いながら、いやいや「女らしさなんて男尊女卑社会が生んだ幻想よ! 私は私らしくあればいいの!!」なんて言い訳をするから独身なんだということは、わかっているつもりです。

1年振りに、大学時代の友人と食事に行きました。私と同い年でやっぱり独身の親友だと思っていたのですが、彼氏を連れてきやがりました。

しかも、ホスト!!
驚きました。ホストなんて私の中では別世界の生物だと思っていましたから。

横目で親友を見ると、変わったなと思いました。

表情が明るく、彼を見つめる目が潤んで色気があります。人生を楽しんでいるんだなと思いました。

その日は誘われるまま、友人の彼が勤めるホストクラブに飲みに行きました。そこで、私は運命の出会いをしてしまうのです。

あまりホストらしさを感じさせない男性がそこにいました。私ははじめてのホストクラブに緊張していたのですが、彼のユニークな表情にホッとしたのです。

普段吐けない愚痴も真剣に聞いてくれて面白い話もしてくれる…。現実逃避できる気がして楽しい時間を過ごしました。なんとなく女性がホストに通う理由がわかったような気がしました。

それから私は、このホストに入れあげてしまうのです。

ただ、私は普通のOLなので会いたい時に会いに行けるほどの稼ぎはないです。給料も20万ちょっとで、賃貸暮らしだから毎月残るお金は数万円。

貯蓄も底を尽きかけたころ、友人に相談すると「お店紹介しようか?」と言われました。

その時に初めて知りました、彼女は昼職を辞めて彼が勤めるホストクラブに通うために風俗で働き、自分磨きに投資できるお金があるということを。

年齢不問だという横浜のファッションヘルスに面接に行くと、スタッフは優しくて、仕事内容を丁寧に説明してくれました。その日は体験入店をしてみましたが、お客様と楽しくお話とサービスをして終わり。イメージしていた風俗業界と違っていてホッとしました。

初日に稼いだのは3万円ほど。シフトの自由が効いて、安心して働けそうだと思い、その日から私は昼と夜の掛け持ちを始めました。

今では自分に投資できるお金もでき、いつでも彼に会いに行くことができるようになりました。昼職だけのときと比べて、心に余裕ができた気もします。それに毎日スケジュールが埋まって、充実した日々を過ごすなかで心が潤った気がします。

最近では彼にも友人にも昼職の同僚にも「きれいになった」って。それが凄く嬉しくて毎日楽しいです。この先もう少し掛け持ちを続けて、彼に会うため、自分のため、あとは将来のための貯金もしたいと考えています!

コメントはこちらからどうぞ!

著者紹介
湯川美喜絵さん(仮名)
38歳

湯川美喜絵さん(仮名)
38歳

おすすめのサイト

  • 高収入アルバイトモモコちゃんねる
  • ▲10代からのカワイイ高収入求人サイト