STD 性感染症解説

性行為によって伝染する性感染症のことを「STD(Sexually Transmitted Disease)」 といいます。主な病気の症状や感染する行為、予防方法と治療についてご紹介します。

トリコモナス おりものから悪臭?いつもと違ったら要注意!

トリコモナスという肉眼で確認できない原虫(ゾウリムシのようなもの)が、性器に入り込み炎症を起こすSTDです。おりものの変化が顕著で、悪臭となり、泡立ってきます。色もクリーム色、みどり色と変化、外陰部はかゆくなります。炎症が進むと、膣だけではなく子宮頸管や膀胱、尿道も感染します。そして不妊症や早産、流産を引き起こす原因にもなります。

感染する箇所

外陰部、膣、子宮頸管、卵管、膀胱、尿道

症状

泡状の悪臭の強いおりものが増加します。外陰部や膣に強いかゆみや痛みが現れます。このように分かりやすい症状が出る人がいる一方、25~50%の人には自覚症状が出てきません。

感染する行為

コンドームを使わない性交、オーラルセックス、性器具の共用。
※トリコモナスは乾燥に弱いのですが、水さえあれば凄まじい生命力を発揮します。性行為以外でもタオル、便器、浴槽での感染もあります。

潜伏期間

約10日前後。

検査方法

感染する可能性があった日から2~3日経っていれば検査可能です。膣分泌液を採取し、顕微鏡でトリコモナス原虫を確認する方法と、培養液を用いてトリコモナス原虫が増殖するかで感染を判定する方法があります。症状がないと膣トリコモナスを検出できない場合があります。

治療方法

まず膣洗浄を行います。そして抗原虫剤の内服薬と外用薬(膣挿入剤)や膣への軟膏が2週間分ほど
処方されます。再検査で陰性が出れば完治。次回月経時にもう一度検査をするのが望ましいと言われています。治療開始後、2日ほどで人に感染させることはなくなり、仕事に復帰できます。

コメントはこちらからどうぞ!

おすすめのサイト

  • 高収入アルバイトモモコちゃんねる
  • ▲10代からのカワイイ高収入求人サイト