STD 性感染症解説

性行為によって伝染する性感染症のことを「STD(Sexually Transmitted Disease)」 といいます。主な病気の症状や感染する行為、予防方法と治療についてご紹介します。

性器ヘルペス 一度感染したら再発を繰り返す恐れ大!

ヘルペスウイルスの感染で、性器に水泡のようなものができ、ただれた状態になり、強い痛みを起こします。初めて感染した時は、排尿できないくらいの激しい傷みになると言われています。治療によって症状を抑えることはできますが、ウイルスを完全に死滅させることはできません。
また、ヘルペスウイルス1型によって発症する口唇ヘルペスは、今や10人に1人が経験したことがある一般的な病気となっています(性器ヘルペスはヘルペスウイルス2型で発症します)。

感染する箇所

ヘルペスウイルス1型…唇の周り
ヘルペスウイルス2型…大陰唇、小陰唇、膣前庭(膣の入り口の周り)、膣内部、おしり、太もも

症状

初めて感染した時…水ぶくれや潰瘍(ただれたようなもの)ができます。激しい痛みで排尿が困難になることも。発熱を伴うこともあります。同時に太もものリンパ節が腫れたり、痛みが起きたりすることも。

感染した時は症状がなく、その後初めて症状が出た時…初めて感染した時よりも症状が軽くなっている場合が多いです。また、治るまでの期間も短くなります。

再発した時…1年以内に80%以上が再発すると言われています。主な原因は過労、セックス、ストレス等です。再発する前に、前兆として神経痛のような痛みが出る場合も。再発した場合、初感染より症状が軽く、治るまでの期間も短くなります。

感染する行為

セックス、アナルセックス、オーラルセックス
※過労やストレスなどで再発することもあります。

潜伏期間

2~10日

検査方法

視診
病変部分からウイルス感染細胞を綿棒で採取します。

治療方法

5~10日間、抗ウイルス薬を服用。軽い症状では軟膏を塗布します。重症の場合は点滴治療も行います。

コメントはこちらからどうぞ!

おすすめのサイト

  • 高収入アルバイトモモコちゃんねる
  • ▲10代からのカワイイ高収入求人サイト