STD 性感染症解説

性行為によって伝染する性感染症のことを「STD(Sexually Transmitted Disease)」 といいます。主な病気の症状や感染する行為、予防方法と治療についてご紹介します。

梅毒 古くからある病気…今は早期治療で治せます!

トレポネーマという病原菌が皮ふや粘膜の小さな傷から侵入し、血液中に入って全身に広がる病気です。症状が4期まであり、かなりの時間をかけて進行するのが特徴です。アナルセックスでの感染が特に多いと言われています。母子感染もありますが、現在は妊婦検診が行われているためほとんどありません。

感染する箇所

皮ふや粘膜の傷。口に梅毒の病変部分がある場合はキスでも感染します。

症状

◆第一期梅毒(感染して約3週間後)
痛みのないしこり(軟骨の硬さ程度で小豆~人差し指の先くらいまでの大きさ)が感染した箇所の皮ふや粘膜にできます。その後しこりの中心部が硬く盛り上がります。痛みはありませんが、太ももの付け根のリンパ節がはれます。症状は2~3週間で消えます。この時期の感染力は強いです。

◆第二期梅毒(感染して約3ヵ月後)
病原体が血液に入り全身に広がります。体のセンターラインにあたる部分を中心に、顔や手足にピンク色の円形のあざができます。小豆からえんどう豆くらいの大きさの赤茶色の盛り上がったブツブツができます。さらに脱毛症状が出てきます。3ヶ月~3年で自然に消えます。この時期の感染力は強いです。

◆第三期梅毒(感染して約3年以上)
皮下組織に大き目のしこりができます(結節性梅毒疹やゴム種などと言われます)。
※現在ではほとんど見られません。

◆第四期梅毒(末期症状)
心臓、血管、神経、目などに重い障害が出ます。
※現在はほとんど見られません。

感染する行為

セックス、アナルセックス、オーラルセックス(フェラ・クンニ)

潜伏期間

3週間、3ヵ月後、3年後と症状が変わっていきます。症状が出ない場合もあるので注意が必要です。

検査方法

◆梅毒血清反応検査
梅毒の感染によって体内で作られる抗体を見つける検査です。それをもって梅毒感染の有無を判定します。従って検査で見つけるものは抗体であって、梅毒の病原体ではありません。感染してから4週間ほど経過していないと梅毒血清反応検査は反応が出てきません。

梅毒の病原体を検出する方法もありますが、症状が進んでいないと検出できない場合が多いです。

※梅毒に感染しているとHIVの感染確率も上がるので、HIV検査も合わせて受けるのが望ましいとされています。

治療方法

経口合成ペニシリン剤をそれぞれの症状に応じた期間服用します。

コメントはこちらからどうぞ!

おすすめのサイト

  • 高収入アルバイトモモコちゃんねる
  • ▲10代からのカワイイ高収入求人サイト