STD 性感染症解説

性行為によって伝染する性感染症のことを「STD(Sexually Transmitted Disease)」 といいます。主な病気の症状や感染する行為、予防方法と治療についてご紹介します。

淋病 1回のセックスで約30%が感染!

淋菌が原因で感染するSTDです。1回のセックスでの感染率は約30%と高確率で伝染します。性風俗でのオーラルセックスによる感染が多いと言われています。男性に尿道感染すると、うみと激痛といった症状がありますが、女性の自覚症状はほとんどありません。しかし、放置すると不妊症や子宮外妊娠の原因となります。淋菌に感染した人の20~30%がクラミジアに感染していると言われています。

感染する箇所

「性器」…子宮頸管、卵管、腹腔内
「咽頭」…口蓋扁桃(こうがいへんとう)、咽頭後壁(いんとうこうへき)

症状

子宮頸管へ感染すると子宮頸管炎を起こします。その後、菌が腹腔内に進入し骨盤内でさまざまな症状が出ます。感染したまま放っておくと卵管炎や骨盤腹膜炎を起こして、子宮外妊娠や不妊症の原因にもなります。また、尿道炎を併発することも少なくありません。自覚症状としては、おりものの増加、不正出血など。さらに下腹部に痛みを感じ、性交痛もあります。
咽喉に感染した場合は症状はほとんど出ません。
性器に感染している場合、30%の確率で咽喉にも感染している可能性があります。また、咽喉と性器は感染部位が別物になり、性器感染に比べて咽喉感染は治療に時間がかかります。咽喉だけ感染する場合もあります。咽頭の自覚症状としては、喉の腫れ、痛み、発熱など。

感染する行為

粘膜同士の接触や精液、膣分泌液を介して感染します。セックスやアナルセックス、オーラルセックス(フェラ・クンニ)といった行為で感染する可能性があります。感染者とコンドームをつけずに性行為を行うと、50%の確率で感染すると言われています。

潜伏期間

2~7日ほど潜伏しています。この間に性行為やオーラルセックスをすれば、他の人へうつしてしまう場合もあります。

検査方法

感染の可能性のある日から2~3日経っていれば検査できます。性器の分泌液や咽頭周辺のぬぐい液を採取します。

治療方法

1日~1週間、筋肉注射や静脈注射などを症状に応じて行います。1回の注射で治る場合も。1日から7日間の抗生剤の投与を行い、3日以上経過してから再検査を行います。耐性菌が増えて治療薬に限りがあるので医者の治療方針に必ず従いましょう。

コメントはこちらからどうぞ!

おすすめのサイト

  • 高収入アルバイトモモコちゃんねる
  • ▲10代からのカワイイ高収入求人サイト