前のページへ戻る

田中課長のSTD情報局

風俗業界で働く限り、無視できないのが性感染症(STD)。予防法や雑学、時には時事問題などさまざまな情報を、元風俗嬢ライターの田中課長が発信します。正しい知識を身につけて、安全にお仕事をしましょう!

コンドーム以外の避妊方法はありますか?

男性がコンドームを着けてくれず困っています。自分ができる避妊方法がいくつかあれば教えてください。

自分のニーズと状況を医師に説明して、より合ったものを選択。

自分でできる避妊には、ピル(経口避妊薬)を毎日飲む方法、子宮内に器具を挿入する方法などがあります。コンドームをつけられない状況が続くなら、これら性交の時以外にできる避妊で対策しておきましょう。
妊娠の予定の有無や、かかる費用、体にあうかどうかなど、状況や条件によって、最適なものは変わってきます。どの避妊方法がよいかは、婦人科で相談することができます。自分のニーズと状況を医師に説明して、より合ったものを選択しましょう。


●ピル(経口避妊薬、OC) 費用:1ヶ月/2~3千円
ホルモンが配合された錠剤によって排卵を抑制し、避妊する方法です。毎日1回決まった時間に服用し、飲み忘れがなければ、高い避妊効果が期待できます。生理を軽くしたり、生理期間をコントロールできるメリットもあります。
ピルの飲み始めには、ホルモンバランスの変化で吐き気や腹痛等副効果が起こることがありますが、通常は1~2ヶ月ほどで治まります。もし長く続くようであれば、違った成分配合のピルに切り替えるか、服用を中止します。1年に1度程度、継続して服用できるかどうか検診を受ける必要があります。妊娠を望む場合は、服用を中止すれば数カ月後から妊娠可能です。


●IUD(子宮内避妊用具) 費用:3万円~
子宮内に小さな器具を装着して着床を防ぐことで避妊します。装着は婦人科で行います。一度装着すれば数年は持つので、普段避妊のことを考える必要がなくなります。ピルが合わない、生活習慣上決まった時間に飲むことが、などピルの選択ができず、しばらくは妊娠を予定しないなどの条件が合えば、選択したい避妊方法です。
器具の位置のずれなどをチェックするため、1年に1度定期健診を受けます。また、IUDにホルモン放出作用を付加したIUSという器具も新たに登場しています。これは放出されるホルモンによって子宮内膜を薄くし、より高い避妊効果と生理を軽くする作用があります。

望まない妊娠は、中絶、出産どちらを選んだとしても、こころと体はもちろん経済的にもかなりの負担がかかる出来事です。例えコンドームを使っていたとしても、破れたりはずれたりすることは起こります。ピルやIUDは、これらの極力避けるべき事態を防ぐことができます。

ただし、どちらの方法も性病予防には効果はないことに注意して。性病予防を考えるなら、これらの避妊をしていてもコンドームは毎回使いましょうね★

コメントはこちらからどうぞ!

著者紹介
田中課長

田中課長
(タナカカチョウ)

風俗嬢のためのSTD情報サイト・ガールズヘルスラボ(http://www.girls-health.jp/)主宰の元風俗嬢ライター。高収入求人マガジン「モモコ」でコラム連載中。Twitterはこちら

おすすめのサイト

  • 高収入アルバイトモモコちゃんねる
  • ▲10代からのカワイイ高収入求人サイト