前のページへ戻る

田中課長のSTD情報局

風俗業界で働く限り、無視できないのが性感染症(STD)。予防法や雑学、時には時事問題などさまざまな情報を、元風俗嬢ライターの田中課長が発信します。正しい知識を身につけて、安全にお仕事をしましょう!

性病は自分で治せますか?

性病にかかったということをあまり人には知られたくありません。自分で治すことは可能でしょうか?

性病の可能性がある場合はまず病院へ!

ほとんどの性病は、自力で治療することはできません。
誰にも知られず、なんとかこっそり治したい…!と思う気持ちはとてもわかりますが、残念ながら、症状やおりもの等の検査で医師に判断してもらい、病気にあった薬を処方してもらう以外、治療はできません。

自分が病気かどうかわからない状態で、検査だけしたい、という場合は、郵送検診性感染症検査キットを使う、という手段もあります。これは、ネットで注文して、自宅に届いたキットを使い自分で体液、血液を採取して送り返せる商品です。検査の結果を携帯電話やネットで受け取ることができ、誰にも知られずに性病かどうかを知ることができます。ただし、何の数種類かの病気を検査するには1万円前後かかること、もし病気が判明した場合は、結局医師にかからねばならなくなくなることを考えれば、保険証を使って医師にかかった方がお金もかからず早く安心できます。

一番安く早く解決できる以外に医師にかかるメリットは、自分がどんな行為をしたか、などを伝えることで、より正確な判断ができること、また、不安なことを相談できたり、今後どうしたら病気にかからないか、的確なアドバイスが得られることです。

保険証を使うことで家族に知られるのが困る場合は、性病検査以外のほかの理由で診察することを伝えておくこともできます。例えば、婦人科にかかる場合は、不正出血がある、生理不順になった、性器周辺がかぶれた、などであれば、性行為をしていなくても起こる可能性があるので、余計な詮索をされることは避けられます。医師、看護師には守秘義務があり、診察内容が他の人に伝わることはありませんので、ひとりで診察にいけば、何の検査、治療をしたかは他にもれることはありません。自宅や自分の行動範囲外の病院を使えば、誰かに知られる確率もぐっと減るでしょう。

どうしても保険証が使えない事情がある場合、自費での診療になります。保険証を使えば、普通は3割負担であるので、10割すべて払う自費診療では3倍強の代金がかかります。

もし、今あなたが性病にかかっているか不安があるのであれば、早めに医師にかかることをおすすめします。もし病気にかかっていた場合、早めに治療を始めたほうが体への負担も治療費の負担も軽く済みます。ほおっておくと、それだけ症状が重くなる可能性もあります。クラミジアや淋病、梅毒など、かかる可能性の高い病気は、治療はそれほどたいへんではありません。勇気を出して、ぜひ病院へ!

コメントはこちらからどうぞ!

著者紹介
田中課長

田中課長
(タナカカチョウ)

風俗嬢のためのSTD情報サイト・ガールズヘルスラボ(http://www.girls-health.jp/)主宰の元風俗嬢ライター。高収入求人マガジン「モモコ」でコラム連載中。Twitterはこちら

おすすめのサイト

  • 高収入アルバイトモモコちゃんねる
  • ▲10代からのカワイイ高収入求人サイト