前のページへ戻る

田中課長のSTD情報局

風俗業界で働く限り、無視できないのが性感染症(STD)。予防法や雑学、時には時事問題などさまざまな情報を、元風俗嬢ライターの田中課長が発信します。正しい知識を身につけて、安全にお仕事をしましょう!

性病を患っている男性を判別するポイントが知りたい。

仕事でもプライベートでもいろいろな男性と接することが多いです。
また、相手を傷つけずにかわす秘訣があれば教えてください。

皮膚疾患はあくまで目安!症状の出ない性病もある。

残念ながら、相手が性病にかかっているとわかる確実な判別ポイントはありません。
性病は、尿道から膿が出る(淋病)、赤いデキモノがある(梅毒の初期症状)など、わかりやすい症状もありますが、自覚症状がないことも多々あります。

仕事、プライベートに限らず、性行為の機会が増えればそれだけかかるリスクは高くなると考えたほうがいいでしょう。その場によって、できる限りの予防策、例えば、仕事であれば規定のサービス以上のプレイはしない、プライベートであれば、コンドームを使う、などを心がけましょう。また、定期的に性病検査を受けましょう。病気にかかって炎症などが起きていると他の病気にもかかりやすくなる可能性がありますが、検査を受けることで感染の早期発見と治療を行えば、結果的に予防につながります。

もちろん、行為の前に、相手の性器やこれから舐めたり触れたりするところをよく見て、デキモノや赤みがないか確かめることは大切です。自覚症状があって、風俗に遊びに来たり、パートナーとセックスしようとする人はいないでしょうが、自分の目が届かないところに病変があった場合は、本人も気が付かないこともあります。梅毒の初期にできる赤いデキモノや、尖圭コンジローマは痛みやかゆみがなく、他人が初めて発見することもあります。

さて、相手の体にあやしいな、と思う箇所があったらどうするか…。傷や、病気の箇所を触れたり舐めない代わりに、キスやハグをしたり、性器以外の全身を舐めたり、コンドームをして挿入に持ち込む、など他の行為を積極的にすることで乗り切る方法もあります。

明らかに病変があって、うつりそうな不安がつきまとうので、体調が悪くなった、など何かしらの理由を付けて中断することをおすすめします。この断る決断をする、というのが一番の難関で、相手や店にどう思われるかを突破するのは心に負担がかかりますが、自分の体を守ることを第一に考えてがんばりましょう!

殺菌効果のある洗浄剤で性器などを洗って痛がったら性病、という噂がありますが、実際は痛がるかどうかで性病判定はできません。皮膚が荒れていたり、傷に染みて痛みを感じている可能性はあるので、触れる時に気をつけるといいでしょう。痛がっている様子がないから性病にかかっていない、との判断から、リスクのある行為をするのは危険すぎますよ!

コメントはこちらからどうぞ!

著者紹介
田中課長

田中課長
(タナカカチョウ)

風俗嬢のためのSTD情報サイト・ガールズヘルスラボ(http://www.girls-health.jp/)主宰の元風俗嬢ライター。高収入求人マガジン「モモコ」でコラム連載中。Twitterはこちら

おすすめのサイト

  • 高収入アルバイトモモコちゃんねる
  • ▲10代からのカワイイ高収入求人サイト