前のページへ戻る

田中課長のSTD情報局

風俗業界で働く限り、無視できないのが性感染症(STD)。予防法や雑学、時には時事問題などさまざまな情報を、元風俗嬢ライターの田中課長が発信します。正しい知識を身につけて、安全にお仕事をしましょう!

素股でもSTD(性病)は感染しますか?

挿入はしないけど、股間でサービスをしていると、それだけでも感染するのではないかと気になるのです…。

感染の可能性アリ!テクニックで予防を

「素股」は太ももやお腹、外陰部(女性器の外側)を使って、相手の性器を刺激する行為。

ヘルスサービスでは、口内発射か素股で終わらせることが多いですが、口内で射精させるよりは、素股で射精に導き、先ばしり液や精液が粘膜にかかるのを避けたほうが病気のリスクは下がります。でも、絶対に感染しないとは言えません。

素股でSTDが感染する場合、2つの可能性が考えられます。

ひとつめは、病原体が含まれている精液や先ばしり液が、自分の女性器の粘膜に触れる場合。女性器の粘膜は、膣分泌液で湿り気のあるピンク色の部分で、皮膚よりも病原体が侵入しやすい部分です。クリトリスも皮の中は粘膜です。

もうひとつは、病原体が潜んでいるペニスや性器周辺の皮膚部分が、自分の皮膚や粘膜に触れる場合。粘膜よりは丈夫な皮膚ですが、ヘルペスや尖圭コンジローマなどは、皮膚同士の接触でも伝染することがあります。

では、なるべく病気になるリスクを下げて素股をするには…?

・ローションをたっぷり使って、病原体が粘膜や皮膚に直接触れないようにする。

・外陰部やクリトリスを使うよりは、太ももやお腹、お尻の割れ目など、皮膚部分で刺激する。

・外陰部、特に女性器の粘膜で男性器を刺激する時は、なるべく時間を短く。

・精液や先ばしり液が粘膜に触れないように気をつける。竿部分のみを女性器の粘膜で刺激して、先ばしり液が付く可能性の高い亀頭部分は手で刺激するテクも。

・皮膚や粘膜が荒れていたり、傷がある場合は、感染のリスクが高くなるので、刺激を避けるか少なくする。

・相手のペニスに傷があったり、デキモノがあれば、粘膜部分はもちろん、皮膚もなるべく触れないようにサービスする。

・キスや口で上半身を愛撫することでお客様の視界を遮り、実際に触れているのは感染のリスクが低い皮膚部分でも、ペニスがクリトリスや粘膜に触れているかのように錯覚させる。

・自分が下になって動きにくい正常位素股よりは、自分が主導権を持てる騎乗位など、ペニスが当たる場所をコントロールしやすい素股に持っていく。

・自分が下になる場合や、挿入を強要しそうなお客様には用心して、ペニスに手を添えるようにする。

素股は「擬似本番」という別名の通り、本番の代わりにお客様が求めるサービスです。

「疑似」とはいえ、サービス中は女の子も挿入しているような気持ちいい表情や動きを見せることで、お客様の満足度が上がるものです。

演技力やテクを工夫して、お客様も満足し、自分も安全な素股を実践していきたいですね★

コメントはこちらからどうぞ!

著者紹介
田中課長

田中課長
(タナカカチョウ)

風俗嬢のためのSTD情報サイト・ガールズヘルスラボ(http://www.girls-health.jp/)主宰の元風俗嬢ライター。高収入求人マガジン「モモコ」でコラム連載中。Twitterはこちら

おすすめのサイト

  • 高収入アルバイトモモコちゃんねる
  • ▲10代からのカワイイ高収入求人サイト