前のページへ戻る

田中課長のSTD情報局

風俗業界で働く限り、無視できないのが性感染症(STD)。予防法や雑学、時には時事問題などさまざまな情報を、元風俗嬢ライターの田中課長が発信します。正しい知識を身につけて、安全にお仕事をしましょう!

顔にコンプレックスを持っています。整形するべきでしょうか?

ものごころついたときから、自分の顔が好きではなく、夜のお仕事を始めてからもずっと、そのことが気になっています。整形した方がいいのでしょうか?

自分のよいところを伸ばし自信をもてるようにしていくことが大切です。

整形手術は、それなりのお金がかかり、また、思い通りの結果なるとは限らない、など、リスクも伴います。
手術を検討する前に、一度自分のコンプレックスを見つめてみましょう。

自分の容姿に関するコンプレックスは何からきているのでしょうか。
人と比べられて嫌な思いをしたこと?
好きな人に振り向いてもらえない?
自分の理想と違うから?

どれも、つらい経験、悩みです。自信がなくなります。人を接することや恋や仕事にも消極的になってしまうかもしれません。鏡をみることも嫌になります。つまり、自分を否定した状態なんですね。

美しくなりたい気持ちは、「自信を取り戻したい」ということでもあります。整形をしたい、という欲求も、単にキレイになるためではなく、つきつめれば「自信をもって人と接したいから」、大きくいえば「よい人生を送りたいから」という欲求のひとつの形です。

一度失った自信を取り戻すのは、たいへんなことです。それが長年積み重なった状態であるならなおさらです。
「キレイになれば自分に自信が持てる!」そんな一発逆転を夢見てしまうのは無理もないこと。しかし、根本的な自信喪失や、根深い自己卑下は、たとえ整形をしてキレイになったとしても、「こんな自分はダメだ…」と、別のコンプレックスに形を変えて表れるかもしれません。

「自分が自信を取り戻すためのにはどうしたらいいか?」まずは、自分のよいところを伸ばして、自分で認めていいくことが大切です。これは、整形しようがしまいが、揺るぎない自分の自信をつけるためには、常に必要なことです。

確かに外見が美しい人は皆の目を引きつけ、輝いているように見えます。
でも、「魅力的な人」「人から好かれている人」仕事でいえば「風俗で売れている人」は必ずしも見た目が美しい人だけではありません。表情や仕草、話し方、人柄そのもので人を魅了してやまない人はたくさんいます。そんな人をよく観察して吸収し、自分の自信につなげていくことが大切です。

整形手術も、自分の自信を取り戻す助けになるのなら、選択のひとつとしてあります。
その場合、評判をよく調べて整形外科を選び、納得するまで説明を受けましょう。

どんな容姿の女性でも、コンプレックスはあるもの。過度な外見に対するコンプレックスで、自分を追い詰めてしまっては本末転倒です。また、コンプレックスがあるからこそ、人はその穴を埋めようとして努力する側面もあります。コンプレックスはあるのがあたり前。そう考えて、自分の人生の足を引っ張ることがないよう、付き合っていけたらいいですね。

コメントはこちらからどうぞ!

著者紹介
田中課長

田中課長
(タナカカチョウ)

風俗嬢のためのSTD情報サイト・ガールズヘルスラボ(http://www.girls-health.jp/)主宰の元風俗嬢ライター。高収入求人マガジン「モモコ」でコラム連載中。Twitterはこちら

おすすめのサイト

  • 高収入アルバイトモモコちゃんねる
  • ▲10代からのカワイイ高収入求人サイト